チョークライン

広島くらし研究所

newslogo

newslogo

News

ライフオーガナイザー®️井手本亜希さんが綴る「くらしのととのえかた」第1回☆片づけは春休みがチャンス!進級前に押さえたい3つのポイント

ライン

【第1回】片づけは春休みがチャンス!進級前に押さえたい3つのポイント

 

 

 

マスターライフオーガナイザー®の井手本亜希です。

4月になりましたね。

新入学や進級に向けて、準備をされている方も多いことと思います。

今日は進級前の片づけのポイントを3つご紹介しますので、

見直しの参考にして頂けると嬉しいです。

 春休みは、片づけのチャンスです!

なぜなら、教科書や教材が変わり強制的にモノが動く時期だからです。

それに加え新年度が始まるこの時期は、気持ちの面でも「節目」を感じますよね。

その節目の時期に片づけの仕組みを整えておくと、よいスタートが切れそうです!

 

 

 

 

1.学用品どうする?

 

学用品はひとまとめに 春休みになると、

学校に置いていた学用品を全て持ち帰ります。

それらは部屋のあちこちに置かず、

折りたたみ式のボックスなどを利用してひとまとめにしましょう。

その中にまとめておけば、新学期が始まっても慌てることはありません。

ボックスの中に入れる前には汚れを落とし、

足りないものがあれば補充しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

2.古い教科書はどうする?


使い終わった教科書、保管するのか?処分するのか?

迷われる方も多いですよね。


これに関しては何が正解ということはありませんので、

お子さまがどうしたいのか?に寄り添うようにしましょう。

お子さまが不安なく学校生活を送ることが、大切です。


その時に大切なのは、新しい教科書とは別の場所に保管をすることです。

教科によっては次年度も引き続き使う場合もありますので、

記載があるお便りなどは新学期が始まるまで目につくところに

貼っておくとよいですね。


3.
分けてみましょう!


学校で使うものを集めて、

「よく使う1軍」と「時々使う2軍」に分けてみましょう。

「よく使う1軍」は、ランドセルや教科書の他、

絵の具道具や習字道具などですね。


1軍のものは、取り出しやすく戻しやすい場所に収納します。

「時々使う2軍」は、家庭科のエプロンやレジャーシート、

軍手、季節外の体操服などです。


レジャーシートや軍手は、家庭で使うものと同じ場所ではなく

学用品と一緒に収納しておくとよいと思います。

ひとまとめにして引き出しやボックスに入れておくと、

前日になって「あれどこ?」と聞かなくても

子どもが自分で準備できるようになります。


場所が分かっていて自分で準備できると、

聞かれる方も聞く方もストレスがなくなるのではないでしょうか。

子どもたちにとっては、「新年」よりも「新年度」の方が

節目だと感じる時期かもしれません。


気持ちの良いスタートを切るために、整えておきたいですね。

*********************

井手本亜希
一社)日本ライフオーガナイザー協会 マスターライフオーガナイザー®
ブログ「くらしをととのえる」http://ameblo.jp/sar0923/
HP「捨てるからはじめない片づけL&Re」http://www.l-and-re.com/