チョークライン

広島くらし研究所

newslogo

newslogo

News

ライフオーガナイザー®️井手本亜希さんが綴る「くらしのととのえかた」【第4回】保存容器を選ぶポイントは「○○できますか?」

ライン

【第3回】保存容器を選ぶポイントは「○○できますか?」

こんにちは。

マスターライフオーガナイザー®の井手本亜希です。

 

このコラムを読んでくださっている方は、片づけや収納に興味をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

今回は片づけや収納と切っても切れない関係の「収納用品」、中でもキッチンで使う食品用の容器について記事にしたいと思います。

 

1.食品用の容器を選ぶ時は・・・

 

キッチンで使う食品用の容器。

密閉性の高いもの、電子レンジが使用できるもの、見た目がステキなもの・・・インターネットや雑誌等でも様々な容器が紹介されていますよね。

素材や色も多くの種類があり、購入する際はどれもよさそうで迷ってしまいます。

そんな時、どんな基準で選ぶとよいのでしょうか?

私がオススメしているのは、まず「○○出来るかどうか?」という基準です。

 

 

2.○○出来るかどうかって?

 

「〇〇」とは「密閉」です。

そして、私がオススメする時の「密閉できるかどうか?」は、その容器自体の機能ではありません。

ご自身が「密閉(という行為が)できるかどうか?」です。

どういうことなのか、実際の写真を見ながらご説明しますね。

 

キッチンや冷蔵庫関係の講座の際、様々な保存容器の見本をお持ちすることがあります。

中でも人気が高い容器はこちら↓

 

野田琺瑯の容器です。

 

私自身も以前「冷蔵庫の中が、こんな真っ白な容器で揃っていたら素敵だな~」と思い、第一候補に入れていました。

しかし、私は「密閉出来ない」タイプだということ、後ほどご説明しますが「真っ白で中身が見えない」という素敵ポイントが残念ながら私には合っていないということに気づき、他のタイプの密閉容器を購入しました。

 

密閉出来ないタイプの人がこの容器を使うと、このようになります。

分かりますか?拡大してみましょう。

 

これ。

最後までピチッと閉めずに、角が浮いたりしていませんか?

私は、こうなってしまうタイプです。

こうなってしまう人は、このタイプの保存容器はお勧めしません。

 

以前、講座が終わった後に、講座内で触れたこの話でとても盛り上がりました。

「え?最後まで閉められないって、意味がよく分からないんですけど・・・。」

という、きちんとさん。

もちろん、いつも蓋はピッチリと閉めているそうです。

「だって・・・密閉出来て、スタッキング出来て、とても機能的じゃないですか!こういう容器、大好きです。」とおっしゃいます。

こういう方は、このタイプの容器が向いていると思います。

 

他の方の中には

「最後まで閉めるのが面倒で、いつも蓋が浮いてます~(笑)」

「そうそう!なんなら、蓋が乗っかっているだけの時もー(笑)」

「閉めるのが面倒だと思わない人がいることに、ビックリ!」

という、私に似たタイプ。

 

こういう蓋が閉められない人は、閉めなくてもよいタイプがオススメです。

もしくは、密閉したいなら一周するタイプではないパッキン付きの容器がオススメです。

 

 

 

3.どんな容器がオススメ?

 

 

まず、中身が見えていないと忘れてしまうタイプの方。

そんな方には先ほどご紹介したような、真っ白な琺瑯容器ではなくガラス製がオススメです。

特に食品用の容器は、「中身を忘れない」容器であることが第一条件です。

忘れてしまって食品が傷んでしまうことがないように、ご自身がどんなタイプか考えてみましょう。

 

更に、見た目重視の方には、こんな容器もおススメです。

WECKのガラス容器です。

蓋は乗せるだけでOK、スタッキングもできます。

(密閉したい場合は、専用のパッキンやクリップ、専用蓋を使えば大丈夫です。)

 

「丸い容器はスペースに無駄が出るな~」という方はこちら

わが家で使っているIWAKIのパック&レンジ(右)、蓋は左右についている耳の2点で閉めるタイプです。

左は100円ショップで購入した保存容器、蓋を上に乗せて手で押さえると閉めることが出来ます。

 

どちらもスタッキング出来て、目線の部分は中身が見える透明や半透明です。

四角い形はデッドスペースが少ないので、狭い冷蔵庫内を有効に使うことが出来ますよ。

 

今回は食品用の容器の選び方について、記事にしました。

シール蓋のように4辺をピッチリと密閉するタイプ、面倒だな~と感じながら使っていませんか?

そういうタイプの容器だから、「ちゃんと閉めなきゃ」って思うのかもしれません。

だったら、密閉できるタイプではなく「元々密閉出来ないタイプ」「蓋を乗せるだけのタイプ」など簡単に開け閉め出来る容器を選んでみませんか?

 

密閉できる容器の蓋を閉めずに乗せているだけだと「ちゃんと閉めていない」ということになりますが、元々蓋を乗せるだけの容器だと「閉めている」になりますよね。

 

保存容器選びひとつとっても、「いつも感じるプチストレス」や「私が出来ないと思っていること」を減らすことが出来ます。

見た目や憧れだけでなく、「私はどんなタイプかな?」と一度立ち止まって保存容器を選んでみませんか?

お子さまと一緒に楽しめる、片づけのイベント情報です

■おやこで「かたづけかるた」大会■

日時:2018年9月9日(日)10:30〜12:00(10:15受付開始)
場所:HFMマリーナホップ総合住宅展ぷらっとセンターハウス
対象:小学生以下のお子さまと保護者(未就学児の方もご参加いただけます)
参加費:無料

お申込み:ぷらっとセンターハウス082‐533-7212

または https://ssl.form-mailer.jp/fms/47cfe9d1405766

 

2018年9月、小学生向けにジュニア片づけ脳力🄬検定及び対策講座が新たに開講されます。

(HPはこちら→https://kata-ken.com/)
開講に先立ち、教材のかるたを使ったプレイベントを開催!
かるた遊びをしながら、親子で片づけのヒントを見つけてみませんか?

会場でお会いできることを、楽しみにしています。

***************************

井手本亜希
一社)日本ライフオーガナイザー協会 マスターライフオーガナイザー®
ブログ「くらしをととのえる」http://ameblo.jp/sar0923/
HP「捨てるからはじめない片づけL&Re」http://www.l-and-re.com/