Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/kurashi-labo/www/wp/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 843

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/kurashi-labo/www/wp/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php:843) in /home/kurashi-labo/www/wp/wp-content/plugins/simple-membership/classes/class.swpm-init-time-tasks.php on line 20
楢原寛子さんによる「美しい姿勢で悩みのない身体作り」第11回 骨盤とダイエットの関係 – 広島くらし研究所
チョークライン

広島くらし研究所

newslogo

newslogo

News

楢原寛子さんによる「美しい姿勢で悩みのない身体作り」第11回 骨盤とダイエットの関係

ライン

こんにちは、自力整体ナビゲーターのならはらひろこです。

 

ネットを検索すると、「骨盤」にまつわるサイトをたくさんみかけます。

特に女性は「骨盤」といえば「ダイエット」を期待するのではないでしょうか?

今回は、骨盤とダイエットの関係を考察します。

骨盤は、中央の三角の骨(仙骨)を中心に、ゾウの耳のような骨(寛骨)が左右にくっついています。

そして、仙骨と寛骨は黄色の部分の「仙腸関節」でつながっています。

仙腸関節は、骨盤を締めたり緩めたりさせる働きがあります。

この骨盤の動きは、一日の中では朝から昼の活動時間は締っていて、夕方から深夜は緩みます。生理や出産は骨盤が緩むことで起こります。

ところが姿勢が悪くて歪みがあると、仙腸関節の動きがサビついたようになります。

緩むべき時に緩まない、締まるべき時に締らないという身体になります。

例えば、生理が起きるときに骨盤を開くホルモンが出ますが、仙腸関節がサビついているとなかなか骨盤が緩まず生理が起きにくくなります。そんな時、脳は過剰にホルモンを出すので、イライラしてつい甘いものとかをたくさん食べてしまうようになります。

この生理前の不調が、いせわゆるPMSです。

 

産後太りも女性に多い悩みです。妊娠前から仙腸関節がサビついていると、出産で骨盤が開き切って緩んだ後、歪んだまま締ってしまいます。

そうなると産後、ホルモンバランスが崩れイライラしますので、食べることが頭から離れなくなったり、仮に小食だったとしても代謝が落ちるので痩せにくくなります。

食べるのがやめられない、何をしても痩せないという人は「仙腸関節のなめらかさ」を取り戻す必要があります。

仙腸関節のサビつきの予防は、「姿勢の悪さ」を変えて写真のような左右差のある歪みをなくすことが第一歩です。

生徒さんの中にも、姿勢がよくなって身体の左右差が取れたらすっと体重が落ちてスリムになった方が何人もいます。もちろんイライラすることも減り、生理がとても楽になったそうです。

 

姿勢を変えるコツについては、広島くらし研究所の過去記事をまとめた私のブログを参考にされてください。

https://ameblo.jp/ulhasalon/entry-12423713273.html

 

※時々ネットで見かけるダイエット用の骨盤ベルトや骨盤サポートなどは、安易に締め続けると女性の健康に被害を与えますので、必ず専門家に相談の上使用してください。

 

 

お知らせですが、この度春より「美しい姿勢で悩みのない身体作り教室」オンラインサロン教室を開講します。

私の教室や講座に参加できなくても、オンラインサロン教室だといつでもどこでも姿勢のレッスンを受講できます。

準備ができましたら、また詳しくお知らせしたいと思います。

 

***************************

自力整体ナビゲーター

楢原寛子(ならはらひろこ)

自分で身体の歪みを整え、美しい姿勢に☆

東広島市他、4ヶ所にて、自力整体教室を開催中!

■【姿勢から予防医学】Ulhasalon

https://ulhasalon.jimdo.com/