チョークライン

広島くらし研究所

newslogo

newslogo

News

新連載START!「ヨガ+美習慣で 今日よりも美しい明日を♡」

ライン

第1回「呼吸」

 

この度コラムを書かせて頂くことになりました、
永宗 志おり(ながむね しおり)と申します。

広島県で「健康美人部」として

ヨガインストラクター
整体
ダイエットサポートの
お仕事をさせて頂いております♪

簡単に自己紹介をさせてもらいますね。

現在43歳で
3人の娘(15・13・6歳)がいます^^

 

 

私自身、産後太りに悩みましたが
それを克服出来る方法を学んで
自分自身が変化出来たことに感動しました。

 

現在はその方法をたくさんの方にお伝えするお仕事をさせて頂いています。

 

ヨガも整体もダイエットも身体原理は同じです。
今まで自分自身の癖によって
歪めてしまったり
疲れる使い方をしてしまっている身体に
ちょっと興味を持ってあげたいですね。

自分で自分をケア出来るように♡
なにかヒントになればとても嬉しいです( ˃̶͈ ᴗ ˂̶͈ )

 

 

さて、1回目は♪♪

『呼吸』についてです(ˊ˘ˋ)

1日約3万回行っている呼吸ですが
その 呼吸 を意識する時間は取れていますか?♡

酸素と二酸化炭素の交換という役割。

また、
体を膨らませたり しぼませたりすることで
血液、リンパ、体液などが体をめぐり 代謝の役割でもあります。
身体をめぐらせるのに
絶対に欠かせないものですね!

そして呼吸は心にも働きかけます。

日々忙しく
頭の中は「過去と未来」を
行ったり来たりしています。

その結果
「今」を見つめ
「現在」を楽しむことが
難しくなっています。

呼吸とは、

「今」まさに起こっていること☆

呼吸を見つめることで
今ここで頑張ってくれている
自分の心と体を
認めてあげましょう。

そんな、大切な呼吸。

今日は「片鼻呼吸(ナーディ・シュッディー)」
という呼吸法をご紹介いたします☆

 

 

①右手の親指と薬指で 鼻をつまむようにします。

人差し指と中指は、
折り曲げても伸ばしていてもOK。

 

 

 

②薬指を離して 左の鼻の穴から
息を吸います。

 

 

③何もしない時間を数秒ほど♪

(息を止める、という意識ではなく
何もしない時間☆
難しければ 慣れて来てからで大丈夫です♡)

 

 

④親指を離して 右の鼻の穴から
息を吐き出します。

「左から吸って、右から出す」
一方通行の呼吸法。

 

 

これを3分間位
続けてみてくださいね(^^)

 

 

左は
神秘的、落ち着いた、静かな「月」のイメージ

 

右は
明るく、情熱的、元気な「太陽」のイメージ

 

 

 

心と体を落ち着かせるために
左から吸って 右から出してみましょう。

逆に元気が出ない時などは
右から吸って 左から出してみましょうね。

 

 

3分ほど続けて、
元の呼吸に戻ると
鼻の通りが良くなるのも
感じられるかなと思います♪

 

乾燥する季節は特に
鼻呼吸が大切です。

 

ぜひ ご自身のために
数分の時間を大事に(^^)
とってみてあげてくださいね♡

ありがとうございました。

*******************

健康美人部

永宗志おり

アメブロもぜひチェックしてみてください♪

https://ameblo.jp/shiori-lulu/