チョークライン

広島くらし研究所

newslogo

newslogo

News

40の資格を持つママが教える「めざせ!NOストレスライフ!」第10回「お肌ケアと花粉症ケア」

ライン

第10回「お肌ケアと花粉症ケア」

 

皆様こんにちは☆40の資格を持つ琉力こと、牛尾実土里です!

急に冷え込んできましたね〜(T-T)インフルエンザの時期になりましたが、皆さま、お元気でお過ごしでしょうか?

冬は乾燥もしますのでお肌がカサカサになりませんか?そして花粉症のある方はこの時期からケアしていくと、3月4月が楽に過ごせますよ☆(12〜1月頃からやっておくと、ますますよいです)
今回は、お肌ケアと花粉症ケアについて、エステティシャンと野口整体の自然療法からアドバイスをしていきたいと思います。また、体の水分量が減ってくると、血液が濃くなり、血流 ・ 血行が悪くなります。この時期血圧が高くなったり、脳梗塞などが増えるのは、冷えからくる、水分不足の影響もあると言われています。

 

☆ママさんには欠かせない冬のお肌ケア

【肌の乾燥】

人は身体の乾きには鈍く、水分が足らないという実感をするのが遅い為、喉が乾いた時にはすでに遅いとよく言われますよね。
暑い時は意識的に水を飲みますが、冬は、水を飲みたいと思う事があまりなく、意外と脱水症状を起こす方も多いんです。

この時期はお肌の乾燥による吹出物も出て来やすいです。
これは身体の水分が少ない為乾燥を防ぐために余分な皮脂を分泌しすぎてしまう為です。
そうならない為にも、まずは内側から水分補給を☆

水分(カフェインの入っていないもの)とともに、水分補給を助けてくれる炭水化物、コラーゲン、コラーゲンの吸収を助けるV.Cも一緒に採るとさらに効果的ですよ☆

体が乾いてくると、頻尿になります。 しょっちゅうトイレに行くわりには一回の量は少ないです。これは体の水分量が少ない為、尿のが濃くなるので、あまりたまらないうちに尿意を感じる為です。トイレの回数が増えるので、水分をひかえる人がいますが、がぶ飲みではなく、少しずつ、ゆっくりと飲むと、自然と頻尿も解消され、お肌もしっとりしてきます。

また、外側からのスキンケアも大切。
寒いからといって、朝、顔を洗うのを面倒くさがらず、ぬるま湯で優しく洗ってください。寝ている間にも埃など顔についています。
夏場はさっぱり系や収れん作用の化粧水が良いですが、冬はしっとり系の化粧水をたっぷり2度付けします。コットンを使わず、手のひらでゆっくり押さえていきます。頬が手のひらにひっついてくるようになるとOK😊

↑わかりにくいですが、少し頬が掌にくっついてきます☆

そして、脂肌の方は油分の少ない美容液を、乾燥肌の方は油分の多い乳液を、化粧水と同じようにしっかり手のひらでおさえます。
また、日中も加湿器や化粧の上からつけられる化粧水などを持ち歩くのもおススメですよ👍
また、この時期はお湯でお皿洗いをする方が多いと思いますが、お湯は手の油分まで流してしまいます。ビニール手袋をするか、お皿洗い直後にすぐハンドクリームを塗りましょう。ハンドクリームは保湿タイプを選んでくださいね。

 

【唇の乾燥】

唇、口の周りなどがカサついてしてきたら、体はもう乾いています。身体が乾くとシワの原因にもなりますし、身体の中の水分をなるべくため込もうとする為、むくみにも繋がるんです。
お肌は、水分の蒸発を防ぐ為に皮脂を分泌しますが、唇は皮脂分泌がなく、水分が保持しにくいため、冬になるとカサカサしたりひび割れしやすくなります。
リップクリームは欠かせないものになりますが、リップクリームは油分の多いものが多く、あまり塗りすぎてもカサつきの原因になります。
そんな時はリップパックがおススメ。
①ホットタオルで5分ほど唇をふやかして古い角質を柔らかくします。
②唇用のスクラブや洗顔フォームでくるくると細かく円を描くように優しく洗います。
③ハチミツ、ワセリンなどをぬり、その上から、小さくカットしたラップを密着させて10分ほどでふっくらツヤツヤの唇に❤️

 

 

 

☆春にお外で遊ぶ時につらーい花粉症のケアについて

 

【花粉症のケア】


日本は四季がありますが、野口整体の体の観点から見ると初夏から梅雨を一つの季節と考えて五季とします。人間の身体は、春 ・ 梅雨 ・ 夏 ・秋 ・ 冬と変化していきます。
冬の体は、寒さに耐えるよう引き締まって固まっています。 体が守りに入り休養する冬は、その分エネルギーが頭に行くので、頭の冴える時期でもありますし、また考えすぎて悩みやすい時期ともいえます。
これから春になるに連れ、縮こまった体がゆるみ、骨が活動しやすいよう、徐々に開いてきます。
まず後頭部がゆるみ、頭蓋骨のつなぎ目(縫合部がゆるんでひろがり、次に肩甲骨が開きます。その後、骨盤も緩んできます。
余談ですが、この一連の動きがスムーズに行くと、排卵もうまくいくようになり、梅雨時期頃から妊娠しやすい身体になります❤️ですので花粉症だけでなく、お子様をお考えの方にもこの時期のケアはおススメです。
肩甲骨は、頬や鼻の骨と連動していて、肩甲骨の動きがスムーズにいかないと、目鼻や口の粘膜などに、いろいろと症状を出して緩ませていくのです。
粉症のケアとして野口整体特有の「活元運動」というのがありますが、今回は割愛させていただき、整体操法をお伝えしたいと思います。
① かかと落とし体操 バスタオルをクルクルと巻いて、ちょうど骨盤の上のラインにバスタオルが来るようにおき、仰向けで寝ます。
↑ この時、足は肩幅に。
こぶし1つ分になるくらい、つま先を内側へ向けます。

そのまま膝を曲げないよう、息を吐きながら、ゆっくりかかとをあげていきます。 人によって5〜10cmでの範囲で少し辛いかなと思うところまで上げていきます

息を吐ききったら、一気に力を抜き、ストンとかかとを落とします。 身体が暖かくなったなぁ、これ以上はきついなぁというくらいまでやってみてください☆

 

②座位前屈 あぐらで座ります。足は重ねず写真のようにぺたんとつけてください。

後ろに腕を回し、両手を組み、腕を伸ばしたまま息を吐きながらゆっくり前屈していきます。

息を吐ききったら、今度は吸いながらゆっくり戻していきます。 足を組み替えて同じ動きをします。 これも筋肉が伸びて気持ちよくなったなぁと思うくらいまでやりましょう。

※整体操法は、足らないのも、やりすぎも良くないです。 ですので、何回何セットと決まってはいませんし、また毎日しないといけないという事もありません。ご自身のお好きな時に、お身体が気持ち良いと感じる程度で、続けてみてくださいね(^^)

***************

LINE登録はコチラから♪

*******************

ヒーリングセラピーサロンgratitude(グラティテュード)

琉力(ルキ)こと牛尾実土里です。

様々な視点より、健康的で綺麗で素敵なママになれるよう、

精一杯お手伝いさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

次回も私の持つ資格の中から、

NOストレスで楽しく暮らせるお役立ち情報を

お届けしたいと思います♪